株式会社セントラル医学検査研究所
茨城県登録衛生検査所のセント
ラル医学検査研究所 努力・技術
・誠意を用いて、皆様の「健康・
安全・安心」に貢献いたします。
臨床検査検索
HOME 会社概要 採用情報 お問い合せ リンク
臨床検査事業 医療コーディネート事業 総合衛生管理 院内環境検査 登録検査業務と検査室 検査制度への取り組み 電子カルテインターフェイス
プールに関する水質検査
プール水セット
検査項目
●水素イオン濃度(pH) ●濁度  ●過マンガン酸カリウム消費量  ●大腸菌群数  ●一般生菌数
遊泳用プール(民間用プール)の衛生基準
平成13年厚生労働省健康局長通知健発第774号「遊泳用プールの衛生基準について」に基づく
検査項目 基準値 検査頻度
水素イオン濃度(pH) 5.8以上8.6以下 毎月1回以上
濁度 2度以下 毎月1回以上
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下 毎月1回以上
大腸菌群数 検出されないこと 毎月1回以上
遊離残留塩素濃度 0.4mg/L以上(1.0mg/L以下であることが望ましい)(二酸化塩素により消毒を行っている場合には、二酸化塩素濃度は0.1mg/L以上0.4mg/L以下であること。また、亜塩素酸濃度は1.2mg/L以下であること。) 毎日午前中1回以上及び午後2回以上
総トリハロメタン おおむね0.2mg/L以下 (暫定目標値) 毎年1回以上(通年営業又は夏期営業のプールは6〜9月までの時期、それ以外の時期に営業するプールは水温が高めの時期)
レジオネラ属菌 ※ジャグジー、ホットバス等のエアロゾルを発生させやすい設備、又は水温
が比較的高めの設備がある場合
毎年1回以上
学校用プールの衛生基準
学校保護法文部科学省通知に基づく
検査項目 基準値 検査頻度
水素イオン濃度(pH) 5.8以上8.6以下 使用日数の積算が30日を超えない範囲で1回以上
濁度 2度以下 使用日数の積算が30日を超えない範囲で1回以上
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下 使用日数の積算が30日を超えない範囲で1回以上
大腸菌群数 検出されないこと 使用日数の積算が30日を超えない範囲で1回以上
遊離残留塩素濃度 0.4mg/L以上(1.0mg/L以下であることが望ましい) 使用中1時間に1回以上
総トリハロメタン おおむね0.2mg/L以下 (暫定目標値) おおむね0.2mg/L以下 (暫定目標値)